我が社の時間貸駐車場ものがたり|駐車場経営・土地の有効活用のご相談ならトヨタエンタプライズ

「はじめてのコインパーキング受注物語」
トヨタエンタプライズ女性営業社員 W

前職は電気工事の職人という、異色の経歴のW。
営業経験ゼロからのスタートだったこともあって、
なかなか契約が取れずに、心が折れそうになったことも。
入社3ヶ月後、土地の駐車場利用に前向きな地主様と出会うものの
駐車場を開設するためには乗り越えないといけない課題が!

電気工事の職人からコインパーキングの営業へ

前職は電気工事の会社。実際にケーブルの設置工事など、職人的な仕事をしていました。お客さんと仕事のことで話す機会もあったんですけど、「工事の人でしょ? 詳しいことは営業さんに聞くから」なんて、つれない態度を取られることもあって。そこで「営業がしたい」と、心に火がついたんです。

営業職といってもたくさんあるんですけど、前の職業と連動したものがわかりやすいかな、と思いまして。そんな時、仕事でよく利用していた時間貸しの駐車場が、頭に浮かんだんです。「なんで、駐車場の料金は地域によって違うの?」「上限料金のあるところもあれば、ないところもあるのはなぜ?」

ずっと疑問に思っていたので、尋ねてみたいな。どうせなら、業界トップクラスの会社がいい。タイムズ駐車場はよく使っていたので、トヨタエンタプライズの門を叩いたんです。そして、2017年6月に入社しました。

経験ゼロからの営業、3ヶ月契約取れず

すべてが飛び込み営業。しかも、経験ゼロからのスタート。不安はありましたが、社内に成功事例はあることだし「なんとかなる」と楽観的でした。最初の3ヶ月は先輩社員に付いて、仕事のノウハウを学びました。

コインパーキングとして有効活用できそうな更地を探すため、とにかく歩きました。1日で最大8キロぐらいでしょうか。靴底をすり減らし続けました。1ヶ月に100件ほどの不動産屋さんに、アポなしで「駐車場になりそうな土地はありませんか」と営業。土地の所有者を調べては、地主のお宅のインターフォンを押して回りました。

時には「うちは、コインパーキングはやらない」と無下に断られることもあります。気持ちも沈みます。一方で、交渉に前向きな地主の方もいます。でも、駐車場には適さない土地ばかり。一喜一憂する日々の中で、1件も契約は取れない時間だけが過ぎていきました。

正直、焦りました。私、何も会社に貢献できてない。私は営業に向いてないんじゃないのか。

心が折れそうになった時期、トヨタエンタプライズの先輩たちは優しい言葉をかけてくれました。「ない時はないから。みんな同じようなことを経験してきたんだから」と。

通算300件目の営業先で好感触

なんとか踏ん張ってみよう。そう思ったのは、入社3ヶ月後の9月でした。通算で300件目ぐらいの営業先でしょうか。単独飛び込みで入った不動産屋さんから朗報を聞きます。「駐車場にしたい土地なら今あるよ」

実際に土地を見て「ヤッター!」と心が沸き立ちました。そんな好感触は初めてのことだったんです。地主様も、土地の駐車場利用に前向き。「うちはトヨタのプリウスに乗っているから、トヨタエンタプライズにぜひ!」と私の提案を聞いてもらえることになったんです。

その日の夕食は、夫と焼き肉屋さんに、ちょっと早い祝杯を上げに行きました。でも、ここからが長かったんです。

土地の境目に問題を抱えていて、駐車場にするためには乗り越えないといけない課題があったんです。土地オーナー様に代わって、行政との交渉の日々が始まりました。もしかしたら、頓挫するんじゃないか。不安が頭によぎることが何度もありました。そんな時も、会社の先輩たちから「こんなことはよくあることだから」と励まされ、歯を食いしばりました。

入社約半年、初めてのタイムズ駐車場の契約

そして交渉から3ヶ月後の12月、地主様から駐車場開設の確約を頂きました。入社してから約半年が経っていました。ほっとして、夜に1人自宅でビールを飲んで、お祝いをした記憶があります。

2018年1月、地主様とタイムズ駐車場に関する正式な契約を結びました。草が生えていた土地がきれいにアスファルト舗装され、タイムズ駐車場へと生まれ変わる景色を見て、感動を覚えました。

2月1日のオープン当日、駐車場を訪れると、車が3台ぐらい停まっていました。その光景を見て「この仕事をやってよかった」と心が震えました。すぐに「何分停めているんだろう」と、精算機で駐車料金を調べましたね(笑)。初めて手がけた物件だったので。さすがに、今はやらないですけどね。

「あきらめない」。平凡なんですけど、今の仕事をしていて、大事な言葉だなあと実感しています。あきらめなかった先に、喜びと感動が待っていたんですから。

女性社員が活躍しています!

トヨタエンタプライズの駐車場経営事業を行う部署では、男女の垣根がなく、活躍できる場が提供されます。2018年5月現在で22人中7人が女性と急増中。時間貸の「タイムズ駐車場」を土地オーナー様に提案する営業社員でも、女性が活躍しています。

営業となると、1日に10キロ前後歩いたりする社員もいます。時間貸駐車場として有効活用できそうな土地を探し回っているからです。タフな女性社員も多いです。

とはいえ、決して体育会というわけではありません。各社員がそれぞれのペースで、それぞれに合ったやり方で仕事をします。

女性の営業社員の中には、外回りの休憩時間に、チェックしていたカフェに入ろうとか。各自が楽しみを見つけながら、活動をしています。

お気軽に押してください。お問い合わせはこちら